2020/12/22 22:39

インド刺繍というとピンとこないかもしれませんが、

特に北部は様々な異文化の影響を受けながら、

刺繍技術が発展した場所でもあります。

 

その中でもゴージャスな刺繍が目を惹くカッチ刺繍。

インド北西部に位置するグジャラート州カッチ地方。

この地方の手工芸品の技術は世界でも高く評価されています。

 

 
 

 

カッチ刺繍をふんだんに使ったミニポーチ。

気の遠くなるような手仕事の末に出来上がるゴージャスなパターン。

サイズは小さめですが、その見事な刺繍が人目を惹く、凛とした存在感が感じられるポーチです。

 

 
 

 

ミラー刺繍など様々な技法が使われ、見れば見るほど、その細やかさに驚かされます。

内側には黒のインナーをつけ、鮮やかな刺繍を引き立てています。

 

 

 

こんなポーチがバッグから出てくれば、自然と気持ちも和らぎます。

インドらしい、鮮やかな色合いもまた魅力。

 

鍵など大切なものを入れて整理するのもいいですし、

フレグランスやミラーをいれるのも素敵です。

またサニタリー用品にもぴったりなサイズ。

飴や薬を持ち歩くのにも便利です。

 

 

この商品はフェアトレード商品であるとともにアップサイクル商品でもあります。

アップサイクルとは、単にリサイクルするだけではなく、その特性を生かしてより価値のあるものへと変えていくこと。

不要となった生地が、人々のアイディアと手仕事によって、新たに魅力的な商品として生まれ変わりました。

環境を配慮し、生産者の経済的社会的自立を持続的に支援するサステイナブル商品です。

 

 

使うたびに伝統技術や手仕事が感じられる、美しいミニポーチ。

同じパターンには出会えない、世界でたったひとつのデザインをお楽しみください。