2020/12/15 10:25

今年ものこりわずかとなりました。

まだしばらくおうち時間が続きそうですね。


在宅勤務などで家で過ごす時間が長くなると、

家の中の見た目や風景、雰囲気に目がいってしまうもの。

模様替えをしてスッキリおしゃれにしたいなという気分になります。

でも家具などを新調するのはお金もかかるし手間もかかる...


そんな時に便利なのが、インテリアファブリック。

クッションカバーやマルチクロス、テーブルクロスなどを変えることで、

おうちの雰囲気もパっと変わります。




インドジャイプール地方作られたクッションカバー。 

鮮やかな色がリビングのアクセントになり、雰囲気もがらりと変わります。

また、表と裏が異なるデザインなので、楽しみも2倍です。




それぞれの模様の木型(ブロック)を押して模様を描き色をつけていく、

インドに古くから伝わる伝統的な技法が使われています。

気の遠くなる手仕事の末に出来上がる色鮮やかなプリント。




職人が1つ1つ木型を押して1枚の布の色柄を作っていくため、

機械でプリントするのと違い、相当な時間と労力がかかっています。

機械プリントでは、ムラのない完璧で単一的なプリントに仕上がります。

一方、ハンドプリントでは、色ムラがあったりプリントがはみ出ていたりと、

完璧ではありません。

しかし、機械では決して出せない独特な風合い、味わいがあるのです。

世界中の人々がブロックプリントに魅了される理由が、そこにあります。




日本のブランド商品も手掛けるブロックプリント専門店、Somaの商品です。

古くから伝わる伝統技術を受け継ぎ、

手仕事で生み出される色鮮やかなプリントが魅力です。



色鮮やかで、おうちのアクセントとなるファブリックを

是非この機会にプラスしてみてください。

今や一日の大半を過ごす自宅。

少しでも快適で居心地よい空間にしたいものです。



当店では、その他テーブルマットやポーチなど、

インドのブロックプリント商品を現地から直接仕入れています。

ちょっとした模様替えを楽しんで

快適なおうち時間をお過ごしください!


アジアの手仕事雑貨cocowa