2018/04/18 13:37

エコバッグとうと、ナイロン製のシンプルなバッグをイメージしますが、今では様々なデザインが販売されています。

エコバッグとしてだけでなく、サブバッグとしても使えるもを1つ持っていると、何かと重宝します。

同じようなデザインが多い中、職人の手仕事による、色彩豊かなバッグは目を引きます。

 

 

インド、ジャイプール地方で作られたエコバッグ。

裏地に異なる柄の生地を使い、リバーシブルで楽しむことが出来ます。

普段のお買い物やサブバッグとして最適なサイズです。

綿100%なので、たためばコンパクトに。

 

 

インドならではの柄や色彩、そして手仕事ならではの風合いが魅力。

リバーシブルなので、その日の気分によって柄や色味を変えられるのは、ちょっとした楽しみです。

 

 

それぞれの模様の木型(ブロック)を押して模様を描き色をつけていく、伝統的な技法が使われています。

気の遠くなる手仕事の末に出来上がる色鮮やかなプリント。

機械プリントでは出せない独特な風合いが魅力です。

職人さんが1つ1つ木型を押して1枚の布の柄を作っていくため、機械でプリントするのと違い、時間と労力がかかっています。

そのため、プリントがはみ出ていたり色がぼけていたりしますが、それもまた手作りならではの味。

 

 

インドでも人気のブロックプリント専門店、Anokhiの商品です。

使えば使うほど愛着がわく、伝統的ながらも洗練されたデザインが特徴です。

 

エコバッグといえども、自分らしさをだして、こだわりたいもの。

是非ブロックプリントならではの風合いを手に取って感じてください。

 

 

  • Home
  • About
  • Blog